角栓ができる原因

皮脂&角質の混合によって角栓ができる!

角栓ができる理由は毛穴に詰まった皮脂、角質が原因となります。これらが混ざり合うことで固まり角栓といったものができます。角栓ができた当初というのは白かったり、無色透明なのですが、空気に触れることによって角栓が酸化して茶色や黒色に変色します。これが黒ずみ毛穴の原因にもなります。

 

角栓ができない肌を作るためにはこの皮脂、角質の不要分を取り除くことが大切です。特に角栓では角質によるも割合が70%を占めてしまいますので、角質ケアが重要といったことがわかりますね。

 

角栓ができた時には焦らずに無理に排除しようとすることはやめましょう。無理に角栓の排泄をしようとすると肌を痛めてより過剰な皮脂分泌を起こすケースが多いです。想像以上に顔の肌は敏感なのです。即効性のあるケアを求めるのであればピーリングを行うと良いです。ホームケアでもピーリングはできますが、エステやクリニックでの専門的なケミカルピーリングは最も即効性のある角栓ケアと言えるでしょう。

 

ホームケアでは洗顔&保湿を意識

デイリーケアで大切なことといえば洗顔になります。皮脂、角質、角栓が取れるような吸着効果が高くて肌に優しい洗顔をチョイスして洗うようにしましょう。また洗顔後には必ず保湿ケアを行います。保湿をすることで毛穴も角質も柔軟にすることができます。保湿成分は皮脂(油分)とのバランスもとってくれる大切な役割があります。

 

多くの方が洗顔後は化粧水だけ済ます傾向がありますが本来は良くありません。洗顔⇒化粧水⇒保湿といった形の3ステップを踏むことで毛穴も角質も柔軟になり角栓ができにくい肌を作りあげることができます。


このページの先頭へ戻る